TOP > シンボリルドルフ
 ← ごめんなさい今週はお休みします | TOP | パパはA8.netの方が好き

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク シンボリルドルフ 

2006年04月20日 ()
 シンボリルドルフ、パパが競馬を始める前の馬だ。。。TTGの時は出かける最中に一度ラジオ放送を聞いていた記憶がうっすら。。。が、パパはレースを全部見た。リアルタイムでは当然ないが、すべてのレースは見た。。。一言、おもしろくない。。。
 勝ち方がつまらん!この馬は、お手本通りというか、なんというか。。。とにかく、つまらんぐらい強い!
 無難に先行策をとり最後には必ず勝つだろうというレースをする。まー「あっと驚くギャロップダイナ」のようにスコーンと足元をすくわれたら、当時の競馬ファンは「あんぐり。。。」だったでしょうね。
 中央15戦13勝 海外1戦0勝 父 パーソロン 母 スイートルナという血統ですね。。。パーソロンは当時の名種牡馬 他にもサクラショウリ・メジロアサマ(メジロマックイーンのおじいちゃんね)書き出したらきりが無いので最後にマティリアル。。。オールドファンは泣くでしょうね
 パパ的には、ノーザンダンサー系が全く入っていないので、使いやすそうに思われる。。。ゲームをやりすぎの人はニックスとかインブリードとか、うるさいうだろうと思うが、結構本当の名馬は3×4(奇跡の血脈)とか入っていない馬の方が多いような気がする。
 産駒的には初年度からトウカイテイオウなどを排出し「オー」とおもわせたが、その後は、ちょっとイマイチですね。
 よく言われるのが、この馬が強くなるべくして強くなったと、調教師・馬主・騎手・厩務員まですべて贅沢すぎる。。。しかも、暮れの朝日杯を3歳時(現2歳)に狙わず、ジャパーンカップの雰囲気を馬に味合わせたい為という理由だけで、ただのオープン戦に。。。すごいローテーションを組むもんだ。
 最後にその結束が、海外遠征 反対 強行でぎくしゃくしたようだが、色々と訳はあったのでしょうね。
 あーそれと、4歳(現3歳)時のジャパーン3着と海外6着について深くふれて無いのは、両方とも体調不良だったから、ジャパーンカップの時は下痢で。。。海外戦はちょっとふれたが脚部不安が出てたんで。。。
 とりあえず、この馬は、おもしろくないけど、むちゃつよいですw-
下にシーズンですし、競馬アーカイブスで天皇賞の勝ち方見てください一応第91回~第99回まで1週間で210円で見れるんでお手頃かと思います。
競馬アーカイブス
スポンサーサイト
[2006.04.20(Thu) 21:38] 競馬昔話Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

気高き皇帝 by temporalis
私が、競馬を見始めたのはルドルフが5歳になった時(今の4歳)でした。
とにかくやたらめったら強くて、「ルドルフが出てきたら馬券は止め」というぐらいでした。
ルドルフの強さは世代間の比較でも明らかです。
ひとつ前の世代には同じ三冠馬ミスターシービーが、ひとつ後の世代には、ダービーこそ骨折で不出走だったものの、皐月賞、菊花賞を制した「幻の三冠馬」ミホシンザンがいます。この2頭との対決でも木っ端微塵に粉砕し、史上最強の名を欲しいままにしました。
この馬は本当に「皇帝」の名にふさわしく強く、気品に溢れ他の馬を見下していました。
まさに、憎らしいほど強いというやつで、その分あまり人気はなかったように思います。
今のディープインパクトのようにたとえ1.0倍になっても単勝馬券を買うという感じではなかったですね。
でも強かったなあ。

※リンクはらせていただきました。よろしくお願いします。

by パパ
 こんばんは、リンクをはっていただきありがとうございました。
 こちらも、リンクをはらせていただきましたのでよろしくお願いいたします。
 三冠馬は連続して現れると言うのを有名にした時代ですね!
 レースはホント面白くなかったですね。。。ディープの様に早いうちに挫折(有馬のように)したらよかったんですが、ルドルフも確かにジャパーンCで4歳時に負けてますが、それ以上にあの時代外国馬が強かった...
 だから、シンボリルドルフは、弱さの面が欠けているので、あまり人気がなかったと思います。

コメントを閉じる▲

 ← ごめんなさい今週はお休みします | TOP | パパはA8.netの方が好き

COMMENT

私が、競馬を見始めたのはルドルフが5歳になった時(今の4歳)でした。
とにかくやたらめったら強くて、「ルドルフが出てきたら馬券は止め」というぐらいでした。
ルドルフの強さは世代間の比較でも明らかです。
ひとつ前の世代には同じ三冠馬ミスターシービーが、ひとつ後の世代には、ダービーこそ骨折で不出走だったものの、皐月賞、菊花賞を制した「幻の三冠馬」ミホシンザンがいます。この2頭との対決でも木っ端微塵に粉砕し、史上最強の名を欲しいままにしました。
この馬は本当に「皇帝」の名にふさわしく強く、気品に溢れ他の馬を見下していました。
まさに、憎らしいほど強いというやつで、その分あまり人気はなかったように思います。
今のディープインパクトのようにたとえ1.0倍になっても単勝馬券を買うという感じではなかったですね。
でも強かったなあ。

※リンクはらせていただきました。よろしくお願いします。
[ 2006.05.15(Mon) 17:40] URL | temporalis #- | EDIT |

 こんばんは、リンクをはっていただきありがとうございました。
 こちらも、リンクをはらせていただきましたのでよろしくお願いいたします。
 三冠馬は連続して現れると言うのを有名にした時代ですね!
 レースはホント面白くなかったですね。。。ディープの様に早いうちに挫折(有馬のように)したらよかったんですが、ルドルフも確かにジャパーンCで4歳時に負けてますが、それ以上にあの時代外国馬が強かった...
 だから、シンボリルドルフは、弱さの面が欠けているので、あまり人気がなかったと思います。
[ 2006.05.16(Tue) 03:43] URL | パパ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://keibapapablog.blog27.fc2.com/tb.php/26-9a3a4aa3
 ← ごめんなさい今週はお休みします | TOP | パパはA8.netの方が好き

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

いろんな物が探せて便利!

皆さんも参加してみませんか

フリーメールで簡単予想

ダウンロード・登録時情報入力しても良い方

ただいま分析中

予想で疲れたら

予想で疲れすぎている人

結果が悪かった人

パパの将来の夢

競馬資金増殖計画

ついでに見といでー

Powered By FC2

ブロとも申請フォーム

競馬ニュース

よろしければお願いします

お役立ち記事一覧!

更に飛躍の為

現在の閲覧者数

FC2カウンター

お薦めBlog!

リンク

アクセスランキング

最近のトラックバック

プロフィール

- track word -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。